DMPシステムを導入し、企業の売上げアップを目指す

提供ビジネスNAVI

業界が注目

男性

2種類ある

DMPは、データマネジメントプラットフォームの略です。
役割としては、データ収集、同期、データの分析、データの提供などを行います。
このDMPには、「オープンDMP」「プライベートDMP」の2種類あります。
マーケティング業界では、今DMPが注目を集め、多くの企業で活用されてきています。
DMPを導入することで、顧客の求める適切な情報や広告を配信することができます。
どんなデータも一本化し、情報の管理、分析を行ってくれる優れ物です。

オープンの役割

オープンDMPでは、データを提供してもらった企業の情報を収集、分析といったことができます。
ユーザーやサイトアクセス情報などの分析をするので、性別や年齢による興味や関心などの情報も把握することが可能です。

プライベートの役割

プライベートDMPは、企業が集めたデータを使い、実際にマーケティングに活かします。
購買履歴やユーザーに関する情報を管理し、実際にマーケティングに取り入れていくというのがプライベートDMPの役割です。
プライベートDMPは、自社のマーケティングのために使われるのが一般的です。

機能

DMPの機能について、気になるという人も多いのではないでしょうか。
このDMPの機能は、大きく分けてデータを集めること、データを管理、分析すること、集めたデータを元にマーケティングに活かすことの3つです。
この3つの機能から、さらに細かく分けると10個程の機能があるといわれています。
データを蓄積、紐付け、オフラインの行動など、あらゆる機能があります。

利用の流れ

最近、マーケティング業界が注目するDMPですが、これを活用するには、どのような流れになっているのか知る必要があります。ここでは、DMP活用の一連の流れについてご紹介します。

詳細を読む

様々なメリット

業界で注目されるDMPですが、導入を考えている企業も多いです。その理由としては、多くのメリットがあるからです。メリットについて知ることでDMPを導入するかどうかの参考にできます。

詳細を読む

管理できるもの

DMPは、データ管理を行うことができます。多くの人は、一体どんなデータを管理することができるのかという疑問を持っています。DMPで管理できるものを把握することで業務を効率良く行うことが可能です。

詳細を読む

活用方法とは

DMPを導入しても、どのように活用したらいいのか分かっていないと導入する意味がありません。ですから、どんな活用法があるのかを事前に調べて知っておくことが大切です。

詳細を読む

CRMとの違い

マーケティングで使われているシステムには、DMPだけでなくCRMというシステムもあります。DMPとCRM、この2つのシステムにはどうような違いがあるのかについて、解説していきます。

詳細を読む

選ぶ方法

DMPは、今やいくつもの会社がサービスを提供しています。それぞれの会社で提供するDMPによって、特徴が異なります。ここでは、DMPを提供する会社の選び方について紹介します。

詳細を読む

オススメリンク

より良いWebサイトをつくるためにはDMPの活用がおすすめです。こちらのツールを利用すれば、あなたのWebサイトの問題点を簡単に解決することができますよ。
売上向上を目指すなら福岡でホームページ制作を依頼しましょう|インフォランナー
ホームページ制作なら福岡の專門会社がおすすめ@株式会社クリエル

↑ PAGE TOP